交通事故治療


当院の交通事故治療のサポート体制

交通事故患者様を守るサポート体制

病院にずっと通っていても待ち時間が長く、しっかりと診てもらえていないと感じている方は多くいらっしゃいます。
また整骨院でマッサージを続けているがなかなかよくならないと言って来院される方もいらっしゃいます。

当院では精密検査の結果をもとに、最新の医療機器を用いた治療から、医師の適切な診断のもと理学療法士や柔道整復師など専門の資格をもったスタッフによる マッサージ治療や、ブロック注射、点滴療法、投薬治療などを組み合わせた治療を行います。

また整形外科では後遺症が残ってしまう場合には後遺症診断書を作成することができます。 患者様の状態に合わせ、最適な治療を提案いたしますので一度ご相談下さい。

 

交通事故後のよくある症状

交通事故で多いむち打ちの症状

交通事故によるケガでよく見られるのがむち打ちです。

交通事故時の追突、衝突、急停車時に頭部が激しく動き、その際にむち打ちになりやすいのです。

むち打ちの症状は一般的に「首の痛み」と考えられがちですが、他にも頭痛、めまい、吐き気、手先の痺れなどの症状が生じることもあります。

最初は痛みを感じず「大丈夫だろう」と放っておき、しばらくたってから痛みが生じるというケースがよくあります。

交通事故治療は早期の治療がとても重要です。

自分で判断するのではなく、まずは精密検査を行い医師に診てもらうことが重要です。

 

自賠責保険とは

交通事故被害者を守る保険制度

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、公道を走っているすべての自動車、バイク、原付に加入が義務付けられている保険で、一般的に「強制保険」と呼ばれているものです。
この自賠責保険は被害者の救済を第一の目的としています。
交通事故に遭った被害者が泣き寝入りをしてしまわないように最低限の補償を受けることができるよう に国が始めた保険です。
したがって、自賠責保険は対人賠償に限られています。
ここでいう対人とは死傷した相手側のドライバーとその同乗者、歩行者などをさします。
つまり、被害者にのみ賠償金が支払われ、加害者のケガについては賠償金が支払われないということです。
また、本来は保険の契約者である加害者が保険金の手続きを行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。
もし、事故を起こした加害者に支払い能力がなかったとしても、被害者は自賠責保険によって一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。
以下が、自賠責保険支払の限度額です。
死亡→3000万円
ケガ→120万 円
後遺障害→75万~3000万円(程度によって異なる)。
常に介護が必要な場合は4000万円

  • 自賠責保険をご利用の方
  • 交通事故に関する質問

↑このページのトップへ