訪問リハビリ4つのメリット

このようなお悩み、訪問リハビリで解決できます!

訪問リハビリでは「できなくなったことを再びできるようにする」ということを目的としています。
したがって訪問リハビリは「できないことを代わりにする」という受身なものではなく、利用者様ができることを少しずつ増やすお手伝いをし、人生に新たな喜びを見出してもらうことを目指しています。
こうしたことが必ずご家族の方の悩みの解決へとつながると信じています。


家だからできる!実践的なリハビリ

訪問リハビリではお家の中という実際に生活をしていく場でリハビリを行います。
そのため、家の近所での屋外歩行や、自宅での階段昇降、自宅のトイレへの移動など利用者様の介助量を減らしていくための、より実践的なリハビリを行うことができます。
実際利用者様が生活していく大半の時間はご自宅の中だと思います。
その生活空間の中で少しでも利用者様本人の力でできることを増やしていくことが利用者様にっとてもご家族の方にとっても重要です。
「デイケア施設にある階段はのぼれるが、家の階段はのぼれない」という方もいらっしゃいます。
訪問リハビリなら、実際に生活している空間でしかできないリハビリを行っていくことができます。

より生活しやすい空間づくりのご提案

訪問リハビリでは利用者様の生活空間をリハビリの専門家の目で確認することができます。
そのため、「この段差で転倒する危険がある」といった利用者様ご本人や、ご家族の方が気づけていない家の中にある”危険”を発見することができ、その段差を無くすといった住環境の整備を行うことができます。
また、リハビリを続けても一人でトイレに行くことは難しいといった場合でも「ここに手すりがあれば一人でトイレに行ける」といった住環境の工夫から利用者様が一人でトイレにいけるようになることもあります。
このように、訪問リハビリでは、その人に合わせたより生活しやすい空間づくりのご提案ができます。

その人に合わせた目標設定で、前向きにリハビリ

訪問リハビリでは、訪問リハビリスタッフと利用者様が一対一でリハビリを行っていくことができます。
ですので、「自分のベッドから一人で起き上がれるようになりたい」であったり、「もう一度千林商店街に買い物に行けるようになりたい」など、利用者様に合わせた、利用者様が実現したい具体的な目標を設定していくことができます。
このように訪問リハビリでは、利用者様の生活に寄り添った目標設定、目標管理を行っていくことができます。
そのため利用者様も、より前向きにリハビリを頑張れるようになります。

ご家族の方のご相談にも乗ります!

訪問リハビリでは、利用者様本人はもちろん、一緒に生活しているご家族の方のご相談に乗ることができます。
「もうすぐお母さんが退院してくるけど、このタイミングで退院してしまって、本当に自宅で生活していけるのだろうか」といった不安であったり、「負担の少ない介助の方法を知りたい」といった知識など、ご家族の方が抱いている不安や疑問に関してもご相談に乗ることができます。
私たち訪問リハビリスタッフが少しでも利用者様がよりよい生活を送ることができ、ご家族の方の不安や負担を軽減できるよう考え、お手伝いさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談下さい。





↑このページのトップへ