労災保険をご利用の方

労災治療の流れ

あらかじめご用意していただくもの

5号用紙(公務員の方は診療依頼書)を会社からもらっておいてください。
保険証は必要ありません。
※救急で来院され、ご用意できない場合は一時的に自費でご負担いただきます。 書類がそろい次第ご返金いたします。
まずは受付表・問診票を記入していただきます
来院された方にはまず、受付表にお名前を記入していただきます。 その後、問診票に、症状や、現在服用されているお薬などご記入いただきまして、受付へお出しください。記入が困難な方はスタッフが代わりに記入いたしますのでお気軽にご相談ください。


医師による問診、レントゲン撮影を行います
当院の院長による診察を行います。レントゲン撮影をする部位を決定し、エックス線室にてレントゲン撮影を行います。


検査結果を説明しながら診察、診断です
レントゲン撮影、の結果をもとに、院長による、診察、診断を行います。 必要があれば、点滴や注射、採血を実施いたします。


必要があればリハビリを行います
先生の診断の結果リハビリが必要な方にはそのままリハビリルームにてリハビリを実施いたします。 当院のリハビリは、国家資格を持ったリハビリ専門のスタッフが患者様一人ひとりの症状に合わせて対応いたします。


お会計
5号用紙をご用意いただいていた場合は患者様の負担はありません。
書類をご用意できていなかった場合は一時的に自費でご負担いただき、書類がそろい次第、ご返金いただきます。


※これは一般的な流れであり、個人差があります。一度受付にご相談ください。

  • 労働災害治療
  • 労災保険に関する質問

↑このページのトップへ